【販売中】Bafang mid-drive motor BBS02 48V 500W model

BAF-BBS

Bafang BBS02 48V 500W

BAF-BBS
48V 500W
BBS02 Work Mode(10)
BBS02 Current Decay(4)
BBS02 Keep Current(20)
BBS02 Wheel Diameter(26)
BBS02 Designated Assist(Display)
BBS02 Assist0(0,0)
BBS02 Assist1(28,44)
BBS02 Assist2(37,51)
BBS02 Assist3(46,58)
BBS02 Assist4(55,65)
BBS02 Assist5(64,72)
BBS02 Assist6(73,79)
BBS02 Assist7(82,86)
BBS02 Assist8(91,93)
BBS02 Assist9(100,100)
BBS02 補足指定
在庫状態 : 在庫有り
¥78,300 ¥78,300(税込)
数量
  • 商品詳細
諸元(メーカー公称値) 解説
MAX RPM 110-130 この分野では圧倒的なシェアを誇るBafang(8FUN/中国)のミッドドライブ・モーター。
同クラスのHUBモーターと比較するとかなり高級な部類となるが、値段に見合った性能と言ってしまって問題ない。

HUBモータと違い、モーター動力を変速機を介して路面に伝えることが出来るため、激坂から高速巡行まで遺憾なくその性能を発揮する。
特筆すべきはその静音性で、メーカー公称値では55dbとなっているが、走行時にモーター音が聞き取れる事は稀である。

ラインナップにはもう1段消費電力量の大きな750Wモデルも存在するが、500Wモデルでもアクセルを使用するとディスプレイであるC961のリミッター(50km/h)スレスレまで回るので、航続距離を考慮するとこのモデルが最もおいしいところ。
但し、アクセル無しで電動アシストとして使用する場合はデチューン・プログラムが働く為そこまでは回らない。

Torque 120 Nm
Efficiency ≥ 78 %
MAX current 18A
Weight 4.3 kg
Reduction Ratio 1:21.9
Noise < 55 dB
BB Length 68mm / 73mm
Chain Wheel 46T
Display C961
Certifications IP65 / ROHS / CE
ぶっちゃけどうなの?
ぶっちゃけ中国のショップで買った方がトータルコストで2〜3割安いです。
あえてウチで買うメリットは2つ。

  1. 国内で100kmの実走試験をパスした個体のみなので確実に動作する
  2. 制御プログラムをメーカーとは異なるものに変更が可能

中国から中国製品を購入する場合にどうしてもついて回るのが初期不良と誤商品の問題。
初期不良に当たる率が高いので、いっそ2個ずつ買ってしまおうとまとめて注文したら見事に全部オーダーとは異なるモデルだったり・・・お客様は神様の日本とは商習慣が異なり、交換を受け入れてもらうには海を渡って不良の商品を直接持参、目の前でがなりたてて交換を迫る以外基本的に無理。
とりわけこの分野ではプラスマイナスを間違えただけでも簡単に製品が壊れる為、一旦お客さんの元に品が渡ったらそこから先は正直、保障のしようが無い。
かと言って使用法が正しくとも、内部でハンダ付けがあまかったりして、ちょっと走ったら動かなくなるという事態も少なくなく・・・というわけで考えたのが保障サービスの代わりに実走試験を国内で実施、動作車体から取り外して梱包するまでを毎回アクションカムで撮影して手元に届いた個体が確実に動くという寄る辺にしようという作戦。
100kmの走行振動に耐えた個体なら緩衝材入の宅急便配送で今更破損することも無いわけで、おっさん賢い!

もう一つのメリット、プログラム変更も実はかなり重要なポイント。
モーター(※正確にはコントローラー)にPCで接続、デベロッパー向けのソフトウェアで設定を書き換えるというものなわけですが、この設定次第で大化けするのがこのモーターの隠された魅力。
これに関する詳しい説明はこちらのページ

いずれにしても幾つものモーターを乗り潰しまくって行き着いた現行の最適解なので、とりあえずコレ買っとけば後悔無しの太鼓判です。

【補足事項】

  1. お取り寄せ品(送料無料)
  2. オーダー確定後100km程度の実走試験を実施し、不具合の無い事が確認された個体を2〜4週間ほどでお届けします。
  3. 輸入品かつ実走試験を行いますので、多少の傷など許容されない方はご遠慮ください。
  4. 電動アシスト自転車・電動自動車の動力として組み込み、公道を走行する場合は関連法の確認と適法化対応を自己の責任において行って下さい。
  5. 指定の無いオプション項目はカッコ内のデフォルト値にて設定させて頂きます。