Trike-eX Shibuya.st

電動リカトラの速度と航続距離

「何キロ出るの?」

えー、更新途絶えがちですんまそんm(_ _)m
「今年の冬は休み無しかな…」とか言ってるウチに雪が降り、雪が溶け、既に夏∑( ̄[] ̄;)
ありがたいことです。でもいいかげんお休みも欲しいです(´Д⊂グスン

電力消費と平均速度

と、言うわけで今日のお題。
ご質問頻度ナンバーワンの速度です。
困りますよねー?
なんていうか「自転車って何キロ出るの?」という質問と実はそんなに変わらないわけで、不意に聞かれると答えに詰まります。

人によっては自転車は20km/h程度で走るものであり、ところがどっこい貧脚を誇るおっさんでもロードで下りなら70km/h出るわけで、グランツールな皆さんだと下り100km/hいっちゃうわけで…んでもってそれが巡航速度だと半分以下に落ちるわけですよ。

つまるところが「何キロ出る乗り物」では無く「何キロ出せる脚力」の話なんじゃないかと、自転車乗り的には考えずに居られないわけですが、とりあえず「5〜60km/h」と答えておけば問題無いんですかね?

そして電動リカトラの場合『速度』と並んで『航続距離』が重要なファクターとなってきます。

写真のデータを文字に起こすとこんな感じ。
「1km走るのに9.4Wh使った場合、平均時速は25.0km/hでした。」(235W)
「1km走るのに18.4Wh使った場合、平均時速は44.1km/hでした。」(811W)

おっさんが常用している20Ahのバッテリー(約1kWh)で考えるなら、25km/h走行時には100km走れるのに44.1km/h走行だと50kmしか走れない計算になります。

Trike-eX 2017年モデル

故に、電動リカトラが自分の生活で実用性を持つのか否かを考える際には「時速何キロで一日に何キロ移動する」という基準が大切になります。

おっさんは4〜50km/hで片道50kmの通勤なので、20Ah一本積んで、店舗に居る間に充電し直して帰路につきます。
充電無しの25km/h走行で往復する手もありますが、毎日だとたぶん飽きて続きませんね。
反対にロードと一緒にツーリングに出るときなんかは、250Wでもやや過剰なので、125Wあたりで200km走行が目安でもいいかと思います。

ミニカー登録ではなくもっとデカいモーター積んで側車付き軽二輪登録、最高速100km/h級を狙っていく方向も物理的には可能なんですが、航続距離と車体寿命が絶望的に短くなること考えると、あんまり食指動かないですよね。

っていうか都内めっちゃ走りやすかった。
車多いとドラフティング効きまくりで快適ですよねー。
街灯すらない山道を走ってるおっさんには羨ましい限りでした。