Performer Trike-eX

この夏の秘密計画(ΦωΦ)フフフ…

自転車の世界には“ブルペ(Brevet:BRM)”と呼ばれるジャンルがある。

「30時間以内に500km離れたどこそこまで走り切る」

とかそういうやつ。
ちなみにおっさんのロードバイク最長記録は200kmくらい。
初めてロードバイクを手に入れた十数年前、勢い余って東京から宇都宮まで走ろうとして、方向音痴ゆえ軽井沢に着いてしまったという…∑( ̄[] ̄;)
その一回こっきりで、普段は走ってもせいぜい往復100km程度。

そしてここ数年は電動アシストなリカンベント・トライクにどっぷりハマっているので、自転車乗りとしては正直全然走れない部類だと思う。

んでもってこの夏が終わる頃にはその電動リカトラも遂に自転車枠を脱し、ミニカー登録モデル(ナンバー取得車両)の販売に漕ぎつける見込みとなったので、自転車枠でアホやるのはコレが最後のチャンス?

予定ルート

そんなわけでJPV Meet 2015に行ってみようかなと。

片道500kmとなるとバッテリー容量的にアシストが使えるのは本当に必要なシーンだけで、むしろモーター外してった方が普通に速いんじゃ無いかという突っ込みを恐れつつも計画立案中であります( ̄^ ̄ゞ。

仕事のスケジュール的に行きは秋田と山形の県境まで車で運んで貰い、米沢を抜けて福島まで13号、福島から都内までは4号を使って455km。
えぇまぁ信号インターバルよりも迷子を警戒してのわかりやすいコースです(*/∇\*)きゃー。

平坦をメーター読み30km/hで頑張ったとして信号のストップ・アンド・ゴーで平均時速は20〜25km/h。
登りは電池温存の10km/hくらいでも下りで50km/h出せば帳尻が合うし、走行時間で18〜23時間というのがノートラブルでの予想時間。

カーホテルかなんかに滑りこんで、途中で充電しながら行く手も無しでは無いのですが、スケジュールが許せばとりあえず一度くらいは総電気代112円の無補給走行をやってみたいかなと。

1万キロ以上走ってバッテリーも相当ヘタって来てるし、1ヶ月でどこまで整備に時間が割けるかわからないけど、今年の夏はちょっと盛り上がってきちゃったかも(ΦωΦ)フフフ…