IMG_0619

グルタミン

なんの脈略も無くグルタミンのお話。

往復100kmのリカトラ通勤。
始めた頃はなかなか全身の発熱がおさまらず、ご老体ゆえ中一日あけた翌々日の筋肉痛が半端無かったわけで、齢四十にして初サプリメント、グルタミンを飲み始めた。

クレアチンなどと違って、ローディング(体内に貯めこむ期間)が不要とされるグルタミン、飲んだその日から効果があるとされているのだけれど、おっさん的には最初の数日に関して微塵も効果を感じなかった。

それでも買っちゃったもんは仕方なし、プロテインの様に弊害があるものでも無いので毎日摂取継続していたところ、気付いたら筋肉痛出なくなってますた( ̄^ ̄ゞ

天候やバッテリー・オン・ファイヤーなどにより、毎日走っているわけでは無いので、この短期間で体が追いついてきたって事は考えにくく、しかも、効果は感じないけど買っちゃったもんは仕方ないという貧乏性で飲んでただけなのでプラセボという事も考え難い。

判定、これは良いモノだ!

ちなみに全く予備知識の無い方のために説明すると、グルタミンは体細胞の合成に必要なアミノ酸の一種。
自分の体内でも生成してるのだけれど、結構足りないらしい。
んでこれが足りないと、運動後に筋肉の再生とかがスムースに行われず、結果、運動したらかえって筋肉減っちゃったとかの事態に陥る事もある。

余談だけれど、ダイエットするのに炭水化物を摂取しないとかオカルティックな事をやってると、体内のグルタミンが致命的に不足、筋肉量がドンドン減少して基礎代謝が下がり続け、ダイエット中は一時的な飢餓状態で体重減るものの、代謝してくれる筋肉がすっかり無くなっているので、ちょっと食べたらエネルギー余りまくりでブクブク太る体質に大改造されてしまうという罠でございます。

おっさんは幼少の頃ガリガリだったので、将来目標として自分の墓石を担いで歩けるくらいの凶暴なジジイを目指している。
なのでプロテインも飲みまくりでまだまだ増量するつもり。

とはいえ粉末のグルタミンは溶けにくいし、プロテインに混ぜると泡泡になって飲みにくいし、次は顆粒かカプセルの飲みやすそうなのをお求めになろう。