carbon rear wheel

新規取扱商品準備中( ̄ー ̄)ニヤリ

長く辛いおっさんの別事業繁忙期もあとひと月ほどで終了。
もちろん今年も期間中ゼロ日休暇で馬車馬モード_| ̄|○
正直、去年の秋から一回も自転車乗ってません∑( ̄[] ̄;)
ハラニクヤバス…

というわけで既にこっちの事業はゴールデン・ウィーク勝負出遅れた感満載ですが、Performer社から2製品を新たに取り扱ってみることにしました。
えぇまぁ、作るのメインだと結構デスマなので(滝汗。

X-low 12.67kg

一つ目がこちら!
リカンベントなローレーサーっす!
車種としては以前から存在したわけですが、2018年のマイナーチェンジでメインフレームの溶接箇所を減らし、約1kgの軽量化に成功しちゃったのにお値段下がったぁぁぁぁぁぁぁぁ…モデルです。
画像はmini-bar仕様のX-LOW-Lですが、スーパーマン・バー仕様のX-LOW-Sもあるっす。

昨年までの13.7(?)kgモデルだと「ちょっと重いかなぁ〜?し、高いな〜(゜_゜)」って感じだったんですが、このホイールにコンポで12.67なら「頑張れば10kg切れるんじゃね?(ΦωΦ)フフフ…」になったので扱ってみることにしますた。
勿論お値段も工場直撃PayPal外通かけるよりも為替・通関諸経費コミコミでお安くする所存!

Carbon Trike 12.8kg

そして二つ目がやっと出ましたカーボン・トライクであります( ̄^ ̄ゞ
「JCシリーズのデザインでカーボン化してみますた」的なモデルですが、重量なんと12.8kg…二輪のローレーサーと変わんないんですが(汗。

凄いっすねー。
おっさん、ひと冬でカーボントライク1台分太ったんだー(*/∇\*)キャー
こちらは価格帯的にも高級リカトラに勝負をかけにいった感じです。
トライクだとウチのお客様型はモーター積んじゃうから、これは売れないんで無いかなーとか思いつつも、工場価格より1割くらいはお安くやってみようかなと。

どちらも近日掲載開始っすー。